Kevin Spacey

『キャスティング・ディレクター』
(原題) HURLYBURLY

2000年9.30公開


 
1998年・米・ザナドゥー
監督; アンソニー・ドラザン
出演; ケビン・スペイシー,ショーン・ペン,メグ・ライアン,
    ロビン・ライト・ペン,チャズ・パルミンテリ,アンナ・パキン

ハリウッド映画業界の内幕を
スキャンダラスに描く衝撃の真実

ケビン・スペイシー、メグ・ライアン、ショーン・ペンが共演したドラマ。キャスティング・ディレクターとは、俳優をオーディションで集め監督とともに配役を決める権限を持つ職業のこと。

キャスティング・ディレクターのミッキーとエディにとって、ハデな恋愛も仕事も、
全てが決して心を許さないサバイバル・ゲームだ。

ある日パーティでエディは娼婦のポニーに再会する。
ポニーは1人娘のため身体をはって生きていた。

エディはそんなポニーにひかれる。そんな時、売れない俳優フィルが突然の事故死、
葬儀の日、エディの元に死を予期したフィルからの手紙が届く。

              ★スターダスト。・∴・。゜☆ 2000.9.30 

良質な作品だけに出演して多くの俳優から演技派と敬称されてるショーン・ペン、
私は好きな俳優じゃないけど、イカレタ男を演じたら凄いって何時も思う。

「レオン」では憎たらしいイカレタ麻薬捜査官のゲイリー・オールドマン、
麻薬がらみの超イカレタ奴、もしかしたら私生活でも?って思うくらい迫真の演技、
わたしゃ 間違えるんですわ、ショーンペンとオールドマン
二人とも麻薬に関しちゃ上手すぎるよぅ〜〜

スペイシーも金髪でエロオヤジの演技も うっふふ。だけど格好良さは一番だったよ、
あの、メグライアンだって、子持ちの娼婦役、汚れ役よ。

こんな多才な顔ぶれなのにぃ、前半眠気がしてきて困った (-.-)ナハハ 
キャスティングディレクターという華やかな仕事をしているが、
実は自分の人生を上手くキャすと出来ない男たちを描いている作品。
独断と偏見だけど、この映画は 凄くいいよ!ってお薦めしにくいな。

さといも


                    ホームback